Antec Logo
    My Antec Search
 
 

熱をやっつけろ - 夏の暑さに耐えるコンピュータを作る10のヒント
~ 必要な理由、量を増やしても効果が上がらない理由 ~

デーヴィッド・タウエ

スイッチを入れて数時間たつと、コンピュータの動作がおかしくなりますか? 突然ロックアップしたり、「遅く」なることがあり、午後(または夏)になると問題がひどくなりますか? コンピュータを休ませると一時的に状況が改善するものの、問題が再発しますか?

このような場合は、運命やソフトウェアメーカーを呪う代わりに、基本的なことを確認してみましょう。

ほとんどのユーザーが認識している以上に、多くのコンピュータが熱に関する問題にさらされているというのが単純な事実です。 ケースの内部に熱がこもり、時々クラッシュやパフォーマンスの低下を引き起こすと、システムの安定性とスピードの両方に影響が及びます。 コンピュータが正常に動作しているように見えても、加熱すれば回復不能な障害が発生する可能性があります。

コンピュータのおかしな動作について彼らを責める気持ちはわかりますが (誰かはお分かりですね)、 本当の原因は熱にあるなら、問題を解決したいとは思いませんか?

ほとんどの皆さんが「はい」と答えると考え、Antecの編集者は、コンピュータの熱をやっつけるためにできることのリストを作成しました。

環境 - コンピュータを取り巻く環境についてできること

1} 良好な部屋を選びましょう。 これは、コンピュータだけではなく、お子さんのためにも重要なことですが、コンピュータとお子さんではかなり事情が異なります。 コンピュータにとって必要なこと: なるべく低層階で(熱は上昇します)、北向きで日陰か、少なくとも建物の東側にある部屋。 次に、コンピュータをなるべく内側の壁沿いに置き、直射日光を避け、ヒーターの吹き出し口やラジエータからもできるだけ離します。

2) 息のできるスペース ケースを密閉式のコンピュータデスクや押し入れに入れている場合は、そこから出しましょう。 あるいは、冷たい空気が通りやすいように、できるだけスペースを空けましょう。 ものを積み重ねることによってケースの吸気口(通常は正面にあります)を塞がないようにします。

3) コンピュータルームの換気 これは、部屋のどこかでファンを回せばよいと言うことではありません。 ファンを涼しく感じるのは、空気の移動により皮膚の表面で水分の蒸発が促進されるためです。しかし、コンピュータは汗をかきませんから、ただ風を当てるだけでは、大して効果はありません。 必要なことは、窓を開け、ファンを使用して最も涼しい場所(下の階、北側など)から空気を送り込み、コンピュータルームの窓から熱い空気を追い出すことです。

4) エアコンの使用 騒々しい隣人やお節介な隣人がいる、湿度が高すぎる、屋外の空気がハムを焼けるほど熱いなどという場合もあるでしょう。 適切な換気でも十分でなければ、エアコンのサーモスタットを低めの温度に設定しましょう。 セントラルエアコンディショニングで家全体を冷やしている場合は、コンピュータルーム用に独立したエアコンの設置を検討してみてはどうでしょうか(ただし、気化熱を利用するタイプの冷風機は室内の湿度を上昇させるため、避けましょう)。 また、エアコンを使用する場合は次の点に注意しましょう。 エネルギーの節約が大事な時代ですから、実際にコンピュータを使用する間だけ、追加的な冷房を使用しましょう。 コンピュータを使用しないときは、サーモスタットを通常の設定温度に戻しましょう。

5) 適切な照明 高温になるハロゲンフロアランプの使用をやめましょう。この種のランプは、一般に300〜500ワットの電力を消費し、大量の熱を発生します。通常の白熱灯電球についても、同様のことを考えましょう。 要点: 小型の蛍光ランプに切り替えるのがベストでしょう。エネルギー効率が高いだけでなく、通常の電球よりも長寿命で、発熱も相当少なくなります。

6) 使用しないときはコンピュータのスイッチを切りましょう。 これは、一部の人には当てはまりません。 一日に数回コンピュータのスイッチを入れる必要があるようなケースです。 しかし、ほとんどの人にとっては、よい考えといえるでしょう。

あるユーザーの経験 筆者はシリコンバレーに住んでいますが、夏の気温はますます上がる傾向にあります。 筆者はこの記事で提案したプランのほとんどを実際に試してみましたが、1部屋に4台のコンピュータを設置しようとしたため、状況が複雑になっていました。

「結局のところ(主に、人間の居住スペース制約のため)、コンピュータを2階にある西向きの部屋に設置しなくてはならず、アイドル時でもCPU温度が55℃に達するような状況でした。 しかし、それも、家の周囲およびシステムを少々変更するまでのことでした(それでも、エアコンは使用していません)。 現在、暖かい日中や夕方でも、私のシステムのアイドル時の温度は45℃と快適な状態です。今年はまだ本当に暑い日がありませんが、夏の暑さに耐えられるシステムの構築に成功したと自信を持っています。

「私の取った対策は: システムのクリーニング、 すべてのファンマウントの取り付け(Antec SX830に、リアx 2、フロントx 2、フロントHDD x 1) ラウンドケーブルの取り付け、 部屋の照明を小型の蛍光ランプに交換、 システムを内側の壁よりに設置し、日光を避ける

「気温が上がると、窓を開け、様々なファンを設置してスイッチを入れます。 1階の窓の近く、階段の向かい側に吸気ファンを設置し、もう1台のファンで空気を2階に送ります。2階にも同様のファンを設置し(デスクトップ回転タイプ)、ホールからコンピュータルームに風を送ります(ファンの後ろにある部屋の窓も開けておきます)。コンピュータルームの窓の向かい側には、大型のボックスファンを設置し、熱い空気を窓の外に追い出します。

「ファンを設置する前にすべてのシステムを稼働すると暖かすぎ、ファンを設置して通気を行うと涼しすぎるなど、私自身は少々不快に感じることがある他は、大きな問題は発生していません。 システム自体は、非常にしっかりと動作しています。」

ボックスの中 - コンピュータのためにできることで、おそらく環境を変えるよりももっと重要なこと

7) システムのクリーニング ホコリに覆われた電子部品は絶縁状態になり、熱の問題を悪化させます ホコリがたまればたまるほど、状況は悪化します。 注意点: 1回では不十分です。 定期的にメンテナンスを実施し、すべてをクリーンに保つ必要があります。

8) ファンの追加またはアップグレード

  • ケースにはオプションのファンを搭載するスペースがあるかもしれません。また、80mmのファンは大変お手頃です。 特に#9に役立つ場合は、オプションのファンを搭載しましょう。
  • 多くのマザーボードでは、CPU温度を確認できるようになっています。 CPUが過熱するようであれば、CPUクーラー(ファン付きのヒートシンク)のアップグレードが重要かもしれません。
  • 見落とされがちなその他のファンの場所の中で、最も重要なのがハードドライブファン、冷たい空気を取り込んでハードドライブに送る吸気ファンです。 一部のケースでは、この目的のためのマウントやクリップが標準装備されています、 その他のケースでは、未使用の5.25インチドライブベイにハードドライブファンアダプタを取り付けることができます。1台または2台のファンの後ろに、3.5インチハードドライブを取り付けます。
  • 4番目のオプションは、AGPまたはビデオカードの冷却用に、スロットマウントファンを追加することです。 これらは、カードの右隣のスロットに取り付けるのが一般的ですが、空気の流れの向きを変え、ケース内の任意の場所に空気を送るタイプのものもあります。

9) 適切な空気の流れを確保する 一般的に、ケース前面の下部から空気を取り込み、ケース背面の上部から排気することが必要です。 手始めとして、ファンの追加はよい選択です。 また、サイドパネルおよびトップパネルをすべて取り付けておくことが重要です、 パネルを外したままだと空気の流れが妨げられ、空気が滞留して熱がこもるスペースができる可能性が高くなります。 次に、空気の流れがふさがれていないことを確認します。 ケーブルやコードを結わえて、じゃまにならないようにしましょう、 必要であれば、幅広で堅いフラットケーブルの代わりに、ラウンドケーブルやスプリットデータケーブルの使用を検討しましょう。 また、#2も忘れないでください: ケースの吸気口がふさがれていると、適切な空気の流れを確保するのは困難です。

10) スクリーンセーバーおよび省エネルギー設定を適切に設定しましょう。 スクリーンセーバーの表示を計算している間、システムはフルパワーに近い状態で稼働しています(熱の発生も同様)。 15分から20分後にモニターの電源が切れるように設定すると、電気が節約され、システムを休ませることができます。 また、同じ設定画面で、OSまたはBIOSのその他の電源設定を確認します。 システムがスリープまたは休止モードに移行できるように設定すると、寿命が大幅に伸びます。

これらはすべて、時間とお金の節約につながるのです。 いらだたしいクラッシュをなくすためであれ、ハードウェアの寿命を1年伸ばすためであれ、小さな努力の積み重ねがよい結果につながるのです。夏が近づいている時期であれば、なおさらです。

また、理由をつけて、コンピュータケースの横から離れたくてたまらないタイプの読者もいるでしょう。自分で歯科治療を行うのと同じくらいぞっとするという見方をする人がいることも理解できます。 しかし、私の言葉を信じてください: 読者の技能や経験のレベルにかかわらず、ほとんどの提案は手早く、簡単かつ苦痛なしに実行できるものです。


Back to Articles

 

 
利用規約サイトマップ Copyright