Antec Logo
    My Antec Search
 
 

 

あなたにとっての意味:
ATX12V v2.0、PCI Express、新しいマザーボード

発表された新テクノロジー全体について、マーケットでは多くの混乱が生じています。 Antecからのアドバイス: 心配はご無用です! 新しいマザーボードは、お手持ちの電源でも正常に動作します。

ATX12V v2.0とは?

最新のデスクトップマザーボードおよび電源仕様であり、v1.3からいくつかの重大な変更がありました。

  • SATA電源コネクタが正式に採用されました。
  • マザーボード電源コネクタが20ピンから24ピンに変更され、PCI Expressバスの負荷処理が向上しました。
  • 6ピンAux電源コネクタは廃止されました。
  • 回路が+12V出力へとアップグレードされ、CPUおよび周辺機器の安定性が大幅に向上しました。 また、全体的な+12V出力の向上により、PCI Express拡張カードについて補償されました。
  • 軽負荷時でも、60%以上の効率が要求されることになりました。 これは、重大な向上です。

PCI Expressとは?

PCI Expressとは、Intelが導入した新しいバスアーキテクチャです。 当初は、ほとんどのマザーボードがPCIおよびPCI Expressの両方をサポートしますが、すべてではないにせよ、多くの拡張カードがPCI Expressに移行します。 当初最も注意する必要がある点は、ハイエンドPCI Expressグラフィックカードが正常に動作するにはより高いアンペア数が必要となり、電源からカードに直接電力を供給する特殊な電力コネクタが必要となる可能性がある点です。

それでは、新しいATX12V v2.0またはPCI Expressマザーボードには、24ピン電源コネクタが必要になるのでしょうか?

それは違います。 Intel製CPU用の新しいマザーボードは、すべて、20および24ピンコネクタの両方をサポートしています。 下記はIntelマザーボード仕様からの引用ですが、一般に当てはまるはずです。

IntelデスクトップボードD915PCY/D915PCMテクニカル製品仕様 (66ページ)

2.8.2.2電源コネクタ

ボードには、3つの電源コネクタが搭載されます。

メインパワー - 2 x 12コネクタ このコネクタは、従来のIntelデスクトップボードで使用されていた2 x 10コネクタと互換性があります。 ボードは、2 x 10または2 x 12メインパワーケーブルとATX12V電源の仕様をサポートしています。 2 x 10メインパワーケーブルと電源を使用する場合、ケーブルをメインパワーコネクタの一番右上のピンに取り付け、ピン11、12、23および24は接続しないでください。

つまり、ATX12V v1.3電源を使用してPCI Expressシステムに電力を供給することができます。 350ワット以上のSmartPower電源か、TruePower電源の使用をお勧めします。

v1.3電源の使用時に注意すべき点は?

最初に、プラグを正しく接続するよう注意してください。 コネクタはキー状になっており、特定の向きでのみフィットしますが、間違った向きで無理に接続することも不可能ではありません。 充分注意を払ってください。

次に、PCI Expressバスの負荷について注意してください。 ほとんどのシステム構成が、v1.3電源で正常に動作します。 ただし、バスのフルパワーを引き出すハイエンドPCI Expressグラフィックカードや、特殊な追加コネクタが必要なカードの使用を予定している場合は、ATX12V v2.0電源に移行した方がよいでしょう。

ATX12V v2.0およびPCI Expressについて、その他にも問題がありますか?

実際には準拠していないにもかかわらず、ATX12V v2.0準拠をうたっている電源には特に注意してください。 一部のメーカーは、旧モデルの電源に24ピンコネクタを装着しただけで、ATX12V v2.0準拠と表示しています。このような電源が仕様のその他の要件を満たしていなければ、それはv2.0準拠ではありません。

現状では、ほとんどのシステム構成がv1.3電源で正常に動作するため、そのような解決策で十分と思われるかもしれませんが、PCI Expressバスの負荷を上げる際に、安定性の問題に直面する可能性があります。 本当に問題となるのは、 ユーザーをごまかそうとするような電源メーカーの製品を本当に購入したいかどうかです。

BTX電源はどうでしょうか?

BTX電源については、仕様が定められていません。 将来のBTXシャーシには、ATX12V v2.0電源が取り込まれることになるでしょう。 心配する必要はありません。Antecがあなたをサポートします。

 

Back to Articles

 

 

 
利用規約サイトマップ Copyright